ITパスポート

IT企業とSEの活用について

IT関連の仕事に従事する場合には、資格を取得しておくということが重要な場合がありますが、それらの資格の1つとしてITパスポートがあります。ITパスポートは、情報処理技術者において初級となる資格であり、国家資格でもあるため、取得することのメリットは大きなものとなっています。IT関連の仕事に就く場合には、免許は必要ありませんが、資格を保持していることは就職などで有利に働く場合が多くなっています。特に国家資格では、知名度や信頼性も高いため、技術の照明などにおいては最適なものとなっています。

ITパスポートには、いくつかの特徴があります。まずは、システムを運用したり、管理したりするレベルの知識所有を証明できるということがあります。パソコン関連の資格では、文書作成ソフトの利用や表計算ソフトの利用があり、それらを利用できることを証明する資格があります。しかし、ITパスポートでは、それらのソフトウェア利用するという資格より上位の資格に当たり、システムを構築管理するために必要な初期的な知識を有していることを証明できます。その為、企業のシステム部門の仕事に就くためには最適な資格になっています。

また、システムの幅広い分野の知識を得られるということもあります。IT関連の資格では、ネットワーク技術者の資格やデータベース技術者の資格など、特定の技術分野に特化した資格も多くあります。これに対し、ITパスポートでは特定の技術分野に限らず、幅広い分野の知識を習得しそれを証明することができます。また、この資格ではシステム構築に関する知識よりも、管理や活用に関する知識が中心になるということもあります。

システム関連の資格では、開発に関する知識と、活用や運用といった分野の大きく2つに分けることができます。この資格では、そのうち活用や運用の分野の資格になります。その為、企業においてシステムを運用する場合や、導入のサポートを行う場合には最適になっています。