ITパスポート

ITパスポートはどのように就職活動に役立つか

IT系の資格は様々な分野がレベルがあります。そのなかでも知名度が高く、企業から評価されているのはIPA主催の国家試験である情報処理技術者試験です。情報処理技術者試験の中でも他分野に分かれていますが、ITパスポート試験とは、その中も一番入門の資格、レベル1の資格となります。従来のIT系国家試験の場合、知識が、情報処理技術者の分野に偏っていたので、システムエンジニアやプログラマーといった情報処理技術者の職種につく人たちが目指す資格といったイメージが強くありました。

実際に、ITパスポート試験の一つ上のレベル2にある基本情報技術者試験はそのイメージに当てはまります。しかし、ITパスポート試験は、従来のイメージよりももっと幅広い知識が求められるます。今まであまり求められなかった企業戦略、情報戦略、セキュリティといった今、どの企業も必要としている知識です。そういった内容を取り入れた資格になるので、就職活動に利用する際にも、情報技術者としての資格ではなく、営業、事務職、総合職など様々な職種で有利になります。

情報セキュリティの知識などは、データの流出などが問題になる昨今では、現場でデータを扱うもの、営業職や事務職に知識を持ってもらいたいと考える企業も多いのです。反対に、情報技術者としてプログラマーやシステムエンジニアを目指す場合には、ITパスポートだけでは就職活動に有利とはあまり言えないので、その先の基本情報技術者試験を見据えての取得と考えた方がいいでしょう。

IT関連で履歴書に書ける資格で案外有益なものについて

履歴書に資格を書くことは、とても重要ですが、その中でもIT関連の資格というものは、案外有益なものが、比較的簡単に取得で... 続きはこちら⇒