ITパスポート

ITパスポート試験のニーズについて

IT系の資格は様々な資格があります。その中でも知名度の高い資格といえばやはりIPA主催の国家試験になる情報処理技術者試験です。この資格は、様々なレベルと分野に分かれている試験ですが、その中でも一番入門編にあたるレベル1の資格が、ITパスポートです。

国家試験としてのレベルは1なので、一番取得しやすい国家試験となります。しかし、そのニーズはIT業界だけでなく様々な分野で必要とされています。ITパスポート試験は、以前に実施されていた初級システムアドミニストレータ試験と比べるとITの知識にプラスしてより社会人としての必要知識が増えています。

ITパスポート試験は、ストラテジ、マネジメント、テクノロジの3分野に分かれています。テクノロジはネットワーク、ソフト、ハード、コンピュータ基礎知識など従来のIT国家試験の内容に沿っています。マネジメントもソフトウェア開発についてなので、同じです。大きく変わったのが、ストラテジです。以前の試験からもあった分野ですが、ITパスポート試験では、企業戦略、企業投資、理念、マーケティング、情報戦略など様々な知識が求められるのです。そのため、従来の情報処理技術者だけでなく、営業、事務職など他職種の人が、ITスキルを高めるために取得するといったニーズもあります。

また、情報セキュリティなど、時代のニーズにも併せていて、出題される問題もそれに合わせて改定されていきます。そのため、企業のニーズにあったスキルが身につく資格だといえます。

ITパスポート合格者の即戦力のついて

IT系の資格は様々な分野と難易度に分かれています。その中でもIPA主催の情報処理技術者試験は国家試験になるので、その認知度... 続きはこちら⇒