ITパスポート

ITパスポート合格者の即戦力のついて

IT系の資格は様々な分野と難易度に分かれています。その中でもIPA主催の情報処理技術者試験は国家試験になるので、その認知度や企業での重要度も高くなっています。

ITパスポート試験はその情報処理技術者試験の中でも一番入門編となるレベル1になる試験です。内容としては、マネジメント、ストラテジ、テクノロジと3分野に分かれています。これまでも国家試験は実施されていましたが、ITパスポートは合格者がより実践的で即戦力となり活躍できるような工夫がされています。

例えば、これまでは、情報処理技術者試験といえば、情報処理の内容に問題が偏っており、その分野の知識はとても詳しくなれるけど、実際に企業内で活用しようと思うと、企業の戦略や社会人としての常識などがないために活用できなかったことが背景にありました。そこで、ITパスポートはそれまでの資格よりストラテジ分野を強化することで、企業戦略や費用、収益など幅広い知識を得たうえでの情報処理技術者を育成し、合格者の即戦力の向上を図っているといえます。